中々派手に動きました

書き始めて早速サボってたな

珍しく前回の日記の翌日から連日プラスになってますよ

8/31は魔の月末ロンドンFixやFOMC等々、嵐でしたが
何とか乗り切って+14000円

9/1は午前中上がって、午後は下がって、夕方以降は上がったり下がったり
米指標良かったから結構跳ね上がったけど上値も重くて12時以降はヨコヨコになりました

ポン円128.8ロングとドル円93.9ロングを持ってましたので、
それと一時的なレンジ局面でひたすら+1000円のスキャル重ねて
現時点で+35000円ぐらい

スキャルに没頭してたら、23時の指標忘れてたけど
その2分前に何となくヤバそうな気配感じてポン円の売りポジを整理して
少し様子見してたら75pくらい上行ったのは驚きました
何だこのバイーンは、って思って時計見たら23時で、あー指標だったのか みたいな状態

あそこでポジ整理してなかったら-ポジションからして、
含み損が12万ぐらいになってましたが運良く免れました

私もニュータイプになれたんでしょうか

あと、ここ最近は指標の時は結果が出て最初の動きが出ても、
すぐに動かないで、スプレッドの拡大が落ち着いて流れを読んで順張りするようにしてます
指標に即便乗して即決済すれば小銭は稼げるのですが、
それで酷いポジションを抱えるリスクの方が危険な気がします

ポン円129.0台のロングを132円ぐらいまでずっと持っていたかったのですが、
130円台の壁が厚く、下げの勢いもあったので諦めて利確しました
その後23時の米指標で抜けましたが、まぁ利益出てるんだからヨシとします

ポジションの取り方が少し良くなったお陰で精神的に余裕が増えたのが作用してるのかな



明日(9/2)のポン円の動き予想

午前中は上がるかもしれませんが、午後からは下がって、といった上下パターンで
128.6~128.7あたりまでつけて、最終的には日足に陰線をつけて終わると予想
2009年7月6,7,8日~のような流れになるのかな


読み終わりましたら、こちらをクリックして下さいヾ(‘∇ ‘*)
人気ブログランキングへ

跳ね上がりおった

ドル円 金融緩和の発表や米指標の改善で

久々の伸びを見せてくれました

稼げた場面もまぐれに近い感じのも多かった
で、調子乗って大量ショート入って地獄見たり
その損切り判断のタイミングが早すぎて更に損だった


8/27(金) 結果

USD/JPY 売り 84.521@6
(現時点含み損5万でポジション保有中)
その他デイトレ・スキャでトータル -3520円


今日ほぼ一日張り付いてコレは無駄過ぎる

EUR/USDの上昇で塩漬けの処理出来たけど
結局ドル円がこんな事に(;´Д`)

まだまだ円安は来ないと思うんだけど、
月曜はゴトー日と日銀の金融緩和への期待で凄く上がりそう

この数日マイナスが酷いなぁ
結局、冷静さが足りないし経験も足りてない
7月の収支報告見たら1ヶ月やっててプラス1万にしかなってないけど
これは今のトレードスタイルで起こるべくして起こった結果だと思う
取り組み方を少しずつでも確実に変えていかないとな

最近やっと押し目買いや戻り売りに慣れてきて
ポジションの立て直しが冷静に出来てる考え方になってきた
指標時の立ち回りも少しずつ慣れてきたように感じる

ただやっぱ色んなトレーダーの人の記録と比較すると
ポジションの取り過ぎ、方向転換のし過ぎってのは明らかに感じる
何よりこれを直して自分の最初の直感を信じるようにしたい
来週はその辺を考えながらトレードに臨もうと思う

弱気トレード

多少逆に振れただけで決済しそうになってる(=´ェ`=)

ショートポジでジリ上げに耐え切れず+数pで決済した瞬間、ガラったり、またその逆も然り

んでお決まりのコツコツドカンを食らいD



さっきのイギリス指標も動きがよく分からなかったな

予想より上回ったからさっくり上行くかと思ったら、暫く下がった後で結局ジリ上げでヨコヨコ

振り回されて-3810円

菅の円高介入牽制も大して効果無いし、どうせお得意の注視でダダ下がりするだろうとショートで入る

今度はオロオロせず暫く温存…注視します(`・ω・´)

USD/JPY 売り 84.768@2 (+9p)
GBP/JPY 売り 131.284@1 (-10p)

織り込み済みの指標と発注ミスのヘマ

今日から自省も兼ねてFxの反省日記を書こうと思う


24日は84円を切り、1995年以来実に15年振りの安値を記録したが、

25日は五十日とリバの併せ技もあってか激しく上昇した


今日も沢山の失敗があったんだけど、特に大きかったのは、



米指標、毎度ながらどうせ悪いだろうから下がると踏んで発表を待つ

発表は予想通り悪く一気に下がるので、乗っかろうとして3枚売る


ここの時点で、織り込み済みである可能性を考慮出来ていなかった


しかし下がりが悪かった為、追加も様子見で1枚売ったつもりが

そのまま3枚追加売りで合計6万ドルのショートに、その後一瞬で15pip上昇


このヘマが響いて状況は更に悪化


悪材料出尽くし&織り込み済みで、限定的な下落のみで一気に浮上、

様子を見るも上昇強く、仕方なく損切り決済、-30,000円


この他に、前日の84円切った際、今日はリバって上がるだろうと

83.725ロングを3枚仕込んでいたが、21:30・23:00の連続米指標で下がると踏んで

早々に利確していたのも勿体無かった(+65pips)


蓋を開けてみれば、諸々の結果によってこれを書いている現時点で90pipsまで上昇している


結果的には23:00の織り込み済みによる指標前のだだ下がり前に利確出来たのは良かった

指標後に再度ロングで入っていれば理想的な取り方が出来ていたと思う


最近の指標が読み易かったせいか、指標に対する警戒心が無かったんだろう

指標の結果が悪ければ下がるという単純思考になっていたのが敗因の一つだと思う


あまりにも多くの悪材料が出尽くした後の動きは普段と違うという事も考慮して取り組むべきだ

本日の損益 -19,738円