Fxトレードツールの感想 – サイバーエージェントのCymo編

サイバーエージェントFxの取引ツール Cymo

ここのCymoはホント駄目

動きがもっさりしてるのもあるけど、通信エラー起こり過ぎ
これが最悪

cymoおなじみの通信エラー
「通信エラーが発生しました。再度ログインして下さい」


トレード途中でもお構いなしに登場するメッセージウィンドウ

現在のポジション状況も分からなくなるし、注文も出来なくなる
必ず1日に10回以上起こる
MT4の通信エラーなんて比じゃないw

たまにそのウィンドウ閉じたら普通に通信出来てる時あるし、
急いでる時にソレ出てホントに通信止まってる時なんかには、
ログアウトボタン押すか閉じるかするけど、すぐに再ログイン出来ない

何故なら、「ご利用ありがとうございました」とかいう画面が出てきて、
そこに自分のポジション状況やらのデータが表示されるんだけど、
通信エラーでログアウトしてんのに、その画面でまた取引データ読み込みで通信するから
当然すんなり読み込める訳もなく、変な丸がぐりぐり回り続ける


待っててもコレですよ

cymoおなじみの通信エラー2
(´ェ`#)ピキピキ


回避するにはタスクバー右クリックで閉じるを選択
これで一発で閉じる事は出来るが、非常にウザい


急いでる状況下、再ログインする為にいちいちこんな事やってられるかw

ネガキャンじゃないですよ(=´ェ`=) 本当にコレが最悪なんです

それでも、サイバーエージェントの口座には90万入れてます

スピード注文には弱いけど、サービス全体の使い勝手自体は悪くないと思う

何よりiPhone用APPのCymoは良い

シンプルなデザインだけど一通り出来るし
チャート表示にはボリバンや移動平均線といったテクニカルも見れるし、
オシレーター系も備えてるのが良い
経済ニュースもデスクトップCymo同様の内容が受信出来る
通貨一覧も数パターンの表示形式があるし、
表示通貨の順番や表示非表示もいじれて見易い

ちょっと注文訂正や取消、個別注文に関しては、
ページ遷移の工程数に手間を感じるけど許容範囲

この使い易いiPhone用のAPPがあるお陰で、
デスクトップCymoの通信エラーが半端無くても中々手放せない
そんな存在です。

跳ね上がりおった

ドル円 金融緩和の発表や米指標の改善で

久々の伸びを見せてくれました

稼げた場面もまぐれに近い感じのも多かった
で、調子乗って大量ショート入って地獄見たり
その損切り判断のタイミングが早すぎて更に損だった


8/27(金) 結果

USD/JPY 売り 84.521@6
(現時点含み損5万でポジション保有中)
その他デイトレ・スキャでトータル -3520円


今日ほぼ一日張り付いてコレは無駄過ぎる

EUR/USDの上昇で塩漬けの処理出来たけど
結局ドル円がこんな事に(;´Д`)

まだまだ円安は来ないと思うんだけど、
月曜はゴトー日と日銀の金融緩和への期待で凄く上がりそう

この数日マイナスが酷いなぁ
結局、冷静さが足りないし経験も足りてない
7月の収支報告見たら1ヶ月やっててプラス1万にしかなってないけど
これは今のトレードスタイルで起こるべくして起こった結果だと思う
取り組み方を少しずつでも確実に変えていかないとな

最近やっと押し目買いや戻り売りに慣れてきて
ポジションの立て直しが冷静に出来てる考え方になってきた
指標時の立ち回りも少しずつ慣れてきたように感じる

ただやっぱ色んなトレーダーの人の記録と比較すると
ポジションの取り過ぎ、方向転換のし過ぎってのは明らかに感じる
何よりこれを直して自分の最初の直感を信じるようにしたい
来週はその辺を考えながらトレードに臨もうと思う

レンジ相場ェ

今日はレンジ相場っぽいですね

スキャするべきか悩む

サイバーエージェントの取引ツールCymoはスキャには向いてない
やっぱクリック証券のはっちゅう君のがスピード感あって良かったな

30分後の米指標はどうせ悪いんだろうけど、
それで目先どっちに振れるかってのも分からん


円高のピークは超えたのか?ってところが焦点だろうけど

・日本の無策、注視作戦(笑)
・介入や金融緩和の思惑
・米指標の悪化続き
・世界経済の回復減速
・ユーロ圏の財政悪化問題等々

右往左往してるけど結局はここらの問題が解決の軌道に入らない限り延々と円高も進むだろうし
介入に期待っていっても、近年では国際的非難もあって前みたくは出来ないとも聞く

ってなると米金利の底が見えて安定してからじんわり戻るのが現実的?

ファンダメンタル面から考えても分からんなぁ


そいじゃー長期スパンでテクニカル的に見たらどうだろうか?

月足ボリバンで見れば現時点でも82円前半まで射程入ってる
この数日上がってきてるけど結局は大量の戻り売りを浴びて陥落するだろうし
目先はやっぱSかなー

まぁプロでも分からんとか難しいとか言ってるぐらいだから素人が考えても無駄かもしれん

大損しないように立ち振る舞う事を忘れないようにしたい

弱気トレード

多少逆に振れただけで決済しそうになってる(=´ェ`=)

ショートポジでジリ上げに耐え切れず+数pで決済した瞬間、ガラったり、またその逆も然り

んでお決まりのコツコツドカンを食らいD



さっきのイギリス指標も動きがよく分からなかったな

予想より上回ったからさっくり上行くかと思ったら、暫く下がった後で結局ジリ上げでヨコヨコ

振り回されて-3810円

菅の円高介入牽制も大して効果無いし、どうせお得意の注視でダダ下がりするだろうとショートで入る

今度はオロオロせず暫く温存…注視します(`・ω・´)

USD/JPY 売り 84.768@2 (+9p)
GBP/JPY 売り 131.284@1 (-10p)

織り込み済みの指標と発注ミスのヘマ

今日から自省も兼ねてFxの反省日記を書こうと思う


24日は84円を切り、1995年以来実に15年振りの安値を記録したが、

25日は五十日とリバの併せ技もあってか激しく上昇した


今日も沢山の失敗があったんだけど、特に大きかったのは、



米指標、毎度ながらどうせ悪いだろうから下がると踏んで発表を待つ

発表は予想通り悪く一気に下がるので、乗っかろうとして3枚売る


ここの時点で、織り込み済みである可能性を考慮出来ていなかった


しかし下がりが悪かった為、追加も様子見で1枚売ったつもりが

そのまま3枚追加売りで合計6万ドルのショートに、その後一瞬で15pip上昇


このヘマが響いて状況は更に悪化


悪材料出尽くし&織り込み済みで、限定的な下落のみで一気に浮上、

様子を見るも上昇強く、仕方なく損切り決済、-30,000円


この他に、前日の84円切った際、今日はリバって上がるだろうと

83.725ロングを3枚仕込んでいたが、21:30・23:00の連続米指標で下がると踏んで

早々に利確していたのも勿体無かった(+65pips)


蓋を開けてみれば、諸々の結果によってこれを書いている現時点で90pipsまで上昇している


結果的には23:00の織り込み済みによる指標前のだだ下がり前に利確出来たのは良かった

指標後に再度ロングで入っていれば理想的な取り方が出来ていたと思う


最近の指標が読み易かったせいか、指標に対する警戒心が無かったんだろう

指標の結果が悪ければ下がるという単純思考になっていたのが敗因の一つだと思う


あまりにも多くの悪材料が出尽くした後の動きは普段と違うという事も考慮して取り組むべきだ

本日の損益 -19,738円